引越し(市外)の手順は?

引越しをするとなると、いろいろな手続き・手順が必要になります。どのような手続きが必要なのでしょうか?調べてみました。


近場への引越しでは、自分自身の引越しと引越しの挨拶(隣近所へと、知人・友人へ引越しハガキで挨拶する)くらいなものですが、遠方へ引っ越す場合は、役所関係の手続きが複雑になります。引越しの荷造りなど、引越しそのものも忙しいですが、段取りよくこなしていきましょう。


まず、印鑑を持って今まで住んでいた役所に行きます。引越しの14日前から受け付けているので、早めに行っておくといいでしょう。役所では印鑑登録証の返納と国民健康保険の保険証の返納、転出届の提出をします。学校に通っている子どもがいる場合、元の学校から在学証明書、転学生徒教科用図書給与証明書をもらっておきます。原付を持っている人は廃車届けを出して廃車控えをもらいます。


それから、電気、水道、ガス、電話などのライフラインの停止・移設希望日の連絡です。前日までにそれぞれ電話で連絡をします。


そして、引越しです。


引越し後には、まず電気、水道、ガスなどのライフラインを開設します。次に新しい町の役所に行きます。役所には引越し後14日以内に行かなければなりません。役所では、転入届を提出し、印鑑登録をします。国民年金の人は年金の手続きと保険証の発行を受けます。そして、後の手続きのために住民票を一緒にもらっておくと便利です。学校に通っている子どもがいる場合は、前の学校でもらった書類を提出し、指示を仰ぎます。


そして、自動車や原付の手続きです。陸運(普通車)や軽自動車検査協会(軽自動車)、市役所(原付)で手続きができます。


それから、免許証を持っている人で県外に引っ越した人は、住民票を持って最寄の警察署または免許センターで免許証の手続きをします。免許証の手続きを最初にやっておくと、後の銀行口座や保険・クレジットなどは免許証で身分証明ができるので便利です。


けっこう色々な手続きがあって面倒ですが、チェックリストを作って、もれのないようにしましょうね。


なお、転居後にでも郵便局に転居ハガキを出しておくと、1年間の間、前の住所に送られてきた手紙を転送してもらえるので、お忘れなく。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121203611
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。