引越しの梱包や荷造りの段取りは?

引越しサービスの中に荷造りや梱包が含まれている業者もあるそうですが、自分で行うとけっこう面倒な荷造り・梱包。どのようにしたらいいのか、調べてみました。


まず行うことは、不用品の整理。不用品を整理しないことにはどれくらいのダンボールが必要なのかが検討がつきません。


次はダンボールの置きスペースを作ることです。荷造りをしている数日〜数週間の間はまだ生活しているわけですから、ダンボールを置いたら生活ができなくなったというのでは困ってしまいます。ダンボールの置き場を確保しましょう。


次はダンボールの確保です。引越し業者のサービスについている場合もありますが、なかった場合は自分で調達します。最低でも大・小の2種類は必要だそうです。スーパーなんかに「ご自由にどうぞ」なんていうダンボールが置いてあったりするんで、「もらっていいですか?」と声をかけてもらうと費用をかけずに集めることができます。


ダンボールに詰めるときの注意は、フタが出っ張らない程度に詰めるということだそうです。衣類などはまだ大丈夫ですが、割れ物などをギュウギュウ押し込むとパリンといってしまう可能性が大なのだそうです。そして、重いものは小さい箱に、軽いものは大きな箱に詰めていくこと。重いものを大きな箱に詰めると底が抜けてしまうこともありますし、持ち上げることができません。自分で持ち上がらないものは引越し作業員の手でも持ち上がらないと思って、詰めていきましょう。ふたを閉めたら、上と横に入っているものと、どこに置くものか(キッチン・リビングなど)を書いておくといいですね。


荷物は思っている以上にあるものです。余裕をもって荷造りを行いたいものですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121203894
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。